700年前から、ちっとも変ってやしない 前編

0 Comments
mihopapa
Yoshida_Kenko.png

徒然草の73段「世に語り伝ふる事」の前半が、今話題の日大アメフト部問題にぴったり
だったので…

<原文>
世に語り伝ふる事、まことはあいなきにや、多くは皆虚言(そらごと)なり。あるにも過ぎて
人は物を言ひなすに、まして、年月過ぎ、境も隔たりぬれば、言ひたきままに語りなして、
筆にも書きとどめぬれば、やがて又定まりぬ。道々の物の上手のいみじき事など、かたくな
なる人の、その道知らぬは、そぞろに神のごとくに言へども、道知れる人は更に信もおこさず、
音に聞くと見る時とは、何事もかはるものなり。

かつあらはるるをも顧みず、口にまかせて言ひ散らすは、やがて浮きたることと聞ゆ。又、
我も誠しからずは思ひながら、人の言ひしままに、鼻のほどおごめきて言ふは、その人の
そらごとにはあらず。げにげにしく、ところどころうちおぼめき、よく知らぬよしして、さりながら、
つまづまあはせて語るそらごとは、おそろしき事なり。

<現代語訳>
世間で語られることは、事実そのままだとつまらないせいなのか、だいたいは嘘八百である。
実際の状況以上に話をこしらえて言いふらすものだから、月日が流れて遠方にもなれば言い
たいままに話を作ってしまい、筆で書き留めたりもして、それが実話となってしまう。専門分野
の込み入った話などは、その道に疎い人はまるで神様の言葉のように崇めるけれど、事情通に
とっては信奉する価値もないものだ。何でも聞くと見るとでは大違いなのである。

その一方で、喋っているそばから嘘が露見していくのも気にせず、出任せばかり言っている
というのは、すぐに底が見えてしまう。また、自分でも嘘っぽいと感じながらも、人が言ったまま
を鼻をぴくぴくさせながら言うことはその人の嘘ではない。最初に嘘を言った人の嘘である。
逆にいかにもそれらしく折々におぼつかない素振りを入れて、よく知らない風で、しかし辻褄を
合わせて語る嘘は恐ろしいものだ。
関連記事
スポンサーサイト
mihopapa
Posted bymihopapa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply